上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢市の伊勢神宮内宮周辺の駐車場有料化に対する内容説明に疑問。

伊勢市は伊勢神宮内宮周辺の駐車場有料化の事業に着手し、現在浦田駐車場の整備工事に入っている様に見受けられます。

そんなさなか、またしても中日新聞ほかマスコミに対して市側の発言に多大な疑問があります。

これまで伊勢市HP「市民の声」に対して件に関連するの回答に関して目を通していますが、それらとの説明と新聞報道による市側の発言に矛盾と不信感を感じます。

先ず、「市民の声(まちづくり)」2011.2.25の回答に関して
「・・・これが整備によって常時駐車可能な駐車場が約1,500台
から約2,000台に増加することになり、週末ごとなどに
頻繁に発生する渋滞の解消緩和が期待できます」
とはっきりと明言しています。

しかし、2011.11.17の各新聞報道では市側の発言として
「これらの見直しにより、内宮周辺の常時有料化の駐車台数は、当初計画の2058台から1494台となるが、市は「繁忙期以外は対応できる」と説明した」

つまり繁忙期は今までと同様にグリーントピアを臨時開放すれば渋滞緩和になり、わざわざ駐車場有料化の事業は必要ない訳です。

========================================

中日新聞記事 2011年11月17日 記事にリンク切れの恐れがある為、全文コピペで以下に

伊勢市の伊勢神宮内宮周辺の駐車場を常時有料化する方針の市は、16日の市議会産業建設委員会で、計画を大幅に見直す考えを示した。市管理の多目的広場「グリーントピア」は計画から外し、残る市営浦田駐車場と市管理の五十鈴川河川敷を、当初予定から約1カ月遅れの来年3月1日に有料駐車場として開設する。神宮司庁所有の内宮前駐車場については、市が土地を借り、来春をめどに有料化する考えを明らかにした。

 グリーントピアについては、公園使用以外の目的で駐車場を常時有料化するのは、都市公園法に抵触する恐れがあるとの指摘を国から受けて断念。グリーントピアは正月や大型連休など年間80日ほどの繁忙期に限り、臨時の有料駐車場にする。

 常時有料化する浦田駐車場は、地元住民の要望で駐車場内の通路拡幅工事を実施することなどから、収容台数が当初予定より109台減の531台となる。この変更などで有料化の時期も遅れることになった。

 これらの見直しにより、内宮周辺の常時有料化の駐車台数は、当初計画の2058台から1494台となるが、市は「繁忙期以外は対応できる」と説明した。

乗用車とバス計400台の収容スペースがある内宮前の駐車場はとりあえず来年から3年間、市が神宮司庁から無償で借りる。市は料金徴収用の自動ゲートなどを設置して有料化する。

内宮前の地元有志「伊勢の町を考える会」が「内宮周辺の駐車場の有料化は年間80日程度で料金は上限500円までに」などと求めた陳情書については、市は「財源確保の観点から受け入れることは難しい」と消極的な姿勢を示した。

========================================

・・・がしかし

伊勢市のこの説明自体に矛盾があり、当初の渋滞解消にと発表した駐車台数と計画後の駐車台数と変わりありません。
それでいて「繁忙期以外は対応できる」とは如何に?
市の言い分での根拠なら予算を出して駐車場の整備は無用です。

次に市は「伊勢の町を考える会」の有料化陳情の訴えに対し「財源確保の観点から受け入れることは難しい」と発言。

ええ・・・?

内宮周辺の駐車場有料化の事業はそもそも「渋滞緩和」で「財源確保」目的では無い筈です。
この説明は如何に?まさか勇み足で整備工事に取掛かった予算の取り返しですか?それなら即時工事を取りやめるべきです。無駄使いが増えるだけです。
仮にここで言う財源とは現状の臨時駐車場整理の人件費?
副市長公募の失敗財源を賄えるならそんな金額は楽に搾り出せる筈。益々不可解でなりません。

いずれにせよ有料化に踏み込む大義名分は全く無くなった訳です。

更にグリーントピアの整備についても「公園使用以外の目的で駐車場を常時有料化するのは、都市公園法に抵触する恐れがあるとの指摘を国から受けて断念」
これも行政の立場なら予め法的問題点に抵触しないか容易に調査・確認が出来るはず。
そんな初歩的な事さえおろそかにして有料化事業に踏み切る行政の姿勢は到底認められません。

当初の目的の論点をすり替え、全国から神宮を訪れる参拝者に対しこれこそ不敬極まりない行為と思います。

又、年末年始及びGW期間中のパーク&バスライドでサンアリーナ側と浦田駐車場側との同一料金の疑問。
片や往復のバス料金込みで宇治橋前までスイスイ。浦田駐車場組は混雑のなか徒歩で10分以上かけて宇治橋。
これでは遠路はるばる訪れる人も地元民も金額設定には到底納得出来ません。
しかもタクシー業者は規制道路内の通行不可でバスのみ。同じ公共交通機関に合致する筈では?
理由もただ「危ないから」と説得力の無い回答。


伊勢市は県内外がら訪れる方達や市民も含め公共交通機関の優位性をもっとアピールし、市内循環バスや各駅前バス停の更なる整備、ニーズに合った路線を提案し車以外でも行動しやすい伊勢の街、お伊勢参りの楽しみ方を県内外に発信し推し進めるべきではないでしょうか?
旅行者が最初に見る伊勢の顔と言うべき一等地。伊勢市駅前公園内に粗末な公衆便所などを建てて満足している様では駄目です。

件の駐車場は内宮前も市が無償で借り上げ自動ゲート方式を設置・・・。
神宮の鳥居前にそぐわない景観破壊を市が先陣切って愚行を始めます。

おはらい町やおかげ横丁の景観再現は何の為でしょう?
これらを整えた民間努力の方がよっぽど伊勢市の活性化に貢献してます。

関係ないけど・・・
伊勢市が公募した副市長の就任辞退問題等・・・ぐだぐだです^^; やれやれ。。。

ことわりますが、伊勢が将来に向け更なる魅力発信を願っての想いです。

伊勢神宮周辺駐車場有料化反対にいよいよあの企業が動いた!

取り敢えずこちらの記事。

伊勢新聞

中日新聞ほか、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞など・・・

記事にリンク切れの恐れがある為、敢えて全文コピペで以下に。

========================================

内宮前駐車場の有料化に反対 赤福など伊勢市に意見書  2011年6月24日

伊勢市が渋滞緩和策として方針を示している伊勢神宮内宮周辺の駐車場の有料化に対し、内宮前に店舗のある老舗和菓子製造会社「赤福」と、管理会社の「浜田総業」などグループ関連企業は23日、反対の意見書を市に提出した。意見書を受けた鈴木健一市長は「渋滞対策は急務。市全体の問題として解決しなければいけない」と理解を求めた。

 市は、2013年の神宮式年遷宮を控え、内宮周辺の交通渋滞を懸案事項とし、12年2月にも交通対策費の工面などのため、有料化する方向で調整を進めている。3月の市議会定例会では関連予算が可決された。

 意見書は、赤福前会長で、浜田総業の浜田益嗣(ますたね)社長(74)名で出された。「参宮客の期待や安心を裏切る施策は許されない」と主張。さらに有料化による費用対効果について疑問を呈し、仮に実施した場合でも利用者の負担を小さくすることを訴えている。

 市役所を訪れた関連会社の伊勢福の橋川史宏社長(53)は「断固反対というわけではないが、内宮前で商売をしている者の考えとして少しでも主張を反映してほしい」と迫った。

鈴木市長は事業の必要性を繰り返し説明した上で「どのような料金体系をつくるかは今後、議論が必要。参考にしたい」と話した。

 赤福などは同日、市議会にも意見書を提出した。

                                (伊勢新聞より)

========================================

やはり周辺商店主から危機感を感じ反対意見が出るのも当然の流れであろう・・・。

前回もこのブログで述べたが、民間主導で現在の「おはらい町」そして「おかげ横丁」の

成功を納め伊勢神宮、ことに内宮界隈の賑わいを取り戻し参拝客増加に多大な貢献を果た

したのは誰の目にも明らかな事実です。

しかし期してパワスポブームやヒーリングブーム。

伊勢自動車道無料化実験と高速土日祝上限1000円のタイミングが重なり、休日などは異常

な混雑が発生したのも事実。

しかし一時のブームはそろそろ消沈の気配。高速も通常の料金体制に戻り、伊勢市の言う

浦田交差点の大渋滞もすでに解消傾向。

さてさて・・・

一度決定した市の政策が現状と見合うものか?

未だ駐車場有料化案が渋滞の解消策と言い張るのか・・・

民間努力の賜物で勝ちとった繁栄を市は台無しにするのか・・・

宇治山田港ターミナル誘致失敗で生じた巨額負債を渋滞回避策と称し、駐車場収入と言う

卑劣な行為で全国から訪れる神宮参拝者から平気でお金を巻き上げる行為だけは絶対に止

めていただきたい。

神宮に対して、伊勢を訪れる人々に対しての最大の冒涜行為であり裏切り行為です!


伊勢市の「市民の声」投書欄を紹介させて頂く。

「まちづくり」「観光」などが該当項目

行政の誤った判断や姿勢には強く民意の立場で意見を述べる事も我々に課せられた役目で

はないでしょうか。

NOと言うべき事柄にはNOを!

(*提案入力画面が30分でタイムアウトとなるのでメモ帳等で下書きでフォームにコピペがお奨めです)


伊勢市よ・・・いい加減に目を覚ませ!!!

決して伊勢市に対しての誹謗中傷の立場ではなく、将来を見据えた上で更なる伊勢市の真の成長を望んでの発言で

ある事を明言おきます。



テーマ : 伊勢神宮
ジャンル : 地域情報

二見浦からの遠望・・・

ブログタイトルがディティールと付いている関連!?で(笑)

夫婦岩を望むいつもの場所から北北東に目を向けると・・・

木曽御岳山の遠望。 さすがに残雪が見えます。

東北東に目を向けると・・・
P1010356a.jpg
南アルプスの山並みが望めます。手前の岩は”カエル岩”
残念ながら富士山方向には雲が掛かりNG


水平線上に目を向けると・・・
P1010359a.jpg
蜃気楼が発生中!!! おぉ~!島が浮いています。

P1010360a.jpg
漁船も微妙に伸びている?

P1010368a.jpg
小さく火力発電所の煙突が1/3程見えます・・・地球はやはり丸いです。

でもやはりここは二見浦だから
P1010374.jpg

P1010388.jpg

P1010381.jpg

この光景を見れるのが幸せです!



tag : 夫婦岩 伊勢神宮 内宮 宇治橋 初詣 架け替え 日の出 外宮 渡始式

今年最初の富士山

夫婦岩より富士山を望む
男岩越しに望遠400mm相当で撮影

大晦日から年明け、そして前日にかけて強烈な冬型配置の気象条件でこちら太平洋側も珍しく雪が舞ったり強風が吹いたりと、ここ夫婦岩から富士山を望むには条件の悪い日々が続きました。
しかし未だに日本海側は例年にない大雪に見舞われ連日ニュースソースとして流れています。
そう考えればこちら伊勢方面は何と恵まれている事か・・・。同じ三重県内でも松坂、津で雪が舞っても伊勢ではその気配さえ感じない日もあるくらいです。僅か20km程度の距離ですが、やはり志摩半島の中に位置する条件ゆえでしょう。

撮影当日は水平線上には”もや”も無くぐるりと北方向に目を向ければ雪化粧の御岳山、更に西に振れば同じ雪化粧をした鈴鹿山脈の山並みが朝日に染まり、手に届く様な距離感に思われました(チョット誇張し過ぎ?)

二見浦のアイドル”無事カエル”と鈴鹿連峰の山
P1020521鈴鹿


最後に王道の構図 夫婦岩より富士山を望む
P1083130全景



テーマ : 伊勢神宮
ジャンル : 地域情報

tag : 伊勢神宮 お伊勢さん 伊勢 二見浦 夫婦岩 富士山 初詣 スピリチュアル パワースポット 日の出

伊勢神宮(5) 内宮宇治橋より日の出を望む 動画編

前回のブログにて伊勢神宮内宮宇治橋前からの日の出の様子を静止画と共に記事にしましたが、やはりその場の高揚感を判りりやすくお伝えしたいと思い、あらためて内宮宇治橋前に赴いて来ました(笑)
さすがに日曜日とあって前回以上の参拝者と撮影者の方が訪れており、地元のケーブルTV局クルーも取材撮影に来ていました。

当日の日の出と撮影風景の様子です(2009/12/20 AM7:40~)
[高画質で再生]

伊勢神宮内宮宇治橋からの日の出

[広告] VPS
Panasonic Lumix DMC-TZ7 AVCHD Lite SHモードにて撮影
カメラの構造上のため太陽に光条(スミア、ゴースト)が発生していますが、鳥居から望む太陽が更に神々しさを増して見えるのは気のせい?でしょうか・・・。
時期的にも寒い早朝ですが、暖かい朝日に包まれ、訪れたみなさんは皆笑顔で眺めていました。
冬至まであと二日ですね。

テーマ : 伊勢神宮
ジャンル : 地域情報

tag : 伊勢神宮 宇治橋 内宮 日の出 スピリチュアル パワースポット ご来光 冬至 架け替え

プロフィール

☆taka☆

Author:☆taka☆
伊勢神宮や周辺地域の関連風景にアプローチ
見過ごしがちな些細な”気付き”を再発見!

 [気付き度Lv]
 ★----★    
 5       1
重要!   常識!?




夫婦岩、伊勢神宮宇治橋前の日の出、月の出、参拝時の予定に活用してネ。
(↑ √keisanバナーから入り、天文で更に詳細な現地位置からの計算が出来ます)





  本日の御訪問者様


気軽にコメントどうぞ (^o^)/

お伊勢参り、伊勢志摩観光に役立つ情報を下記リンクにまとめてみました。参考にして下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。